2011年11月24日

ビデオカメラの・・・

カメラを撮影する場合は手振れに注意しなければいけない。

基本的に今の小型ビデオカメラはオートとなっている為、シャッタスピードなどを調節できない。

その為、暗い場所などは露光が落ちる為、若干シャッタースピードが落ちる。

だからうまく撮影できないのである。

実際手持ちで取る為にはシャッタースピードは1/125以下は厳しいでしょう。

逆に絞りを開いた場合は、水道の蛇口を開くのと一緒で、水(光)が多く出ます。

と言う事はシャッタスピードを早くしなければなりません。

この手法は、ピントを合わせた物の背景をぼかしたり等の撮影が可能です。

後ろがガチャガチャしているときや、人物を撮るときなどにおすすめです。

ちなみに人間の目はF値で表わすと1です。

パチ苦悩記の相互リンク集



添えている腕の脇の下を締め、しっかりと固定して両手撮りがぶれない為の一つの方法だろう。

また、携帯などでよくぶれるのはオートフォーカスが遅いからである。

あれは手振れとは違う為、撮った後しっかり止めておくか、それともフォーカスを距離にて固定するのが良いだろう。

カメラと言うものは知れば知るほど面白いものだが、プロ用のカメラからコンパクトなカメラまで、原理は一緒である。

うまい人はどんなカメラを使ってもうまく取れるものである。


posted by グラタン at 14:24| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオカメラの・・・

カメラを撮影する場合は手振れに注意しなければいけない。

基本的に今の小型ビデオカメラはオートとなっている為、シャッタスピードなどを調節できない。

その為、暗い場所などは露光が落ちる為、若干シャッタースピードが落ちる。

だからうまく撮影できないのである。

実際手持ちで取る為にはシャッタースピードは1/125以下は厳しいでしょう。

逆に絞りを開いた場合は、水道の蛇口を開くのと一緒で、水(光)が多く出ます。

と言う事はシャッタスピードを早くしなければなりません。

この手法は、ピントを合わせた物の背景をぼかしたり等の撮影が可能です。

後ろがガチャガチャしているときや、人物を撮るときなどにおすすめです。

ちなみに人間の目はF値で表わすと1です。

パチ苦悩記の相互リンク集



添えている腕の脇の下を締め、しっかりと固定して両手撮りがぶれない為の一つの方法だろう。

また、携帯などでよくぶれるのはオートフォーカスが遅いからである。

あれは手振れとは違う為、撮った後しっかり止めておくか、それともフォーカスを距離にて固定するのが良いだろう。

カメラと言うものは知れば知るほど面白いものだが、プロ用のカメラからコンパクトなカメラまで、原理は一緒である。

うまい人はどんなカメラを使ってもうまく取れるものである。


posted by グラタン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオカメラの色々

カメラを撮影する場合は手振れに注意しなければいけない。

基本的に今の小型ビデオカメラはオートとなっている為、シャッタスピードなどを調節できない。

その為、暗い場所などは露光が落ちる為、若干シャッタースピードが落ちる。

だからうまく撮影できないのである。

実際手持ちで取る為にはシャッタースピードは1/125以下は厳しいでしょう。

逆に絞りを開いた場合は、水道の蛇口を開くのと一緒で、水(光)が多く出ます。

と言う事はシャッタスピードを早くしなければなりません。

この手法は、ピントを合わせた物の背景をぼかしたり等の撮影が可能です。

後ろがガチャガチャしているときや、人物を撮るときなどにおすすめです。

ちなみに人間の目はF値で表わすと1です。

パチ苦悩記の相互リンク集



添えている腕の脇の下を締め、しっかりと固定して両手撮りがぶれない為の一つの方法だろう。

また、携帯などでよくぶれるのはオートフォーカスが遅いからである。

あれは手振れとは違う為、撮った後しっかり止めておくか、それともフォーカスを距離にて固定するのが良いだろう。

カメラと言うものは知れば知るほど面白いものだが、プロ用のカメラからコンパクトなカメラまで、原理は一緒である。

うまい人はどんなカメラを使ってもうまく取れるものである。


posted by グラタン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。